◆催し物・イベント情報◆

本写真はインターネット:ae8c6fc313946a1a79bd9f4bede62e3a[1]より転載

 

 

 ホタルの夕べ

 

29年度「瑞穂野ホタルの夕べ」を開催

6月  3日(土 4日(日)

  10日(土)11日(日)の週末に行い、この期間に

 総合計で約1950人のお客様が幻想的なホタルの光を

 楽しみました。

 この”ホタルの夕べ”は瑞穂野蛍水会が主体となり、その

 指導を受けて地元の瑞穂野南小、瑞穂野北小、瑞穂台小

 瑞穂野中の生徒が協力し行っています。

 

 下段の”幼虫の放流”項の説明にもあるように、昨年夏の

 卵の孵化に始まり半年間の幼虫の飼育、今年3月の放流

 と約1年間かけて育てたホタルがようやく成虫となり、

 園内ホタル池周辺を飛び交いました。

 

 ホタルの夕べ開催に先立ち、6月3日の夕方に幼虫を育て

 た関係者・小中学生達約300名が集まり開会式を行い、

 写真にもあるように飼育の苦労話、観察での発見事項の

 説明、ホタルへの短歌を作り披露した、また蛍水会会

 から蛍に関するお話などがありホタルの夕べがスタート

 した。

 

 ”ホタルの夕べ”時は東門を21時まで開け、毎回4~500

 名の親子連れや若いカップルが訪れ、ホタルが飛び交う

 ”ふるさとの原点となる自然”味わった。

 

 

 

平成29年の“ホタルの夕べ”へ幼虫を放流

今年も初夏の風物詩“ホタルの夕べ”に多くのホタルが舞うようホタルの幼虫を放流しました。この幼虫は地元瑞穂野地区の小・中学校4校で昨年の夏から手塩にかけて成育された幼虫で、ゲンジホタル、ヘイケホタルの2種あわせて約1000匹が放流されました。

放流会は3月3日(金)11:00から行われ、各学校の成育を担当した生徒先生方約百数十人とこのホタルの成育を指導してくれた瑞穂野蛍水会の人たちで行い、無事に公園のホタル池へ放しました。

蛍水会の方の話では年々気候が温かくなっていることもあり、今年のホタルの夕べは6月上旬の2週の週末になるのではとのことです。

無事に多くのホタルが成虫となり、幻想的な光で夏の夜を照らしてくれることを期待するものです。

尚、瑞穂野蛍水会ではホタルを飼育・放流する活動に際し皆様からの募金を募っております。温かいご支援ご協力をお願いします、当公園管理事務所でも受付けていますので窓口で声をかけてください。