◆催し物・イベント情報◆

本写真はインターネット:ae8c6fc313946a1a79bd9f4bede62e3a[1]より転載

 

 

 ホタルの夕べ

 

ホタルの夕べ 開催日

 

今年(2018年)の夕べは下のポスターにあるよう6月の第1週と第2週の週末土曜・日曜に開催を計画しています。

夕べの開催日は公園の東門を21:00まで開門し、東駐車場を使って頂ける様にしています。(西門は使えませんのでご注意ください)

ホタルの観察は自然の暗闇の中で行いますので懐中電灯での照明等はご遠慮願い係員の指示を守って下さい。

皆様のおいでを瑞穂野地区小中学校関係者・蛍水会のメンバーともどもお待ちしております。

H30年幼虫放流会を実施     03/05

 

初夏に開くホタルの夕べに向け今年も幼虫を放流しました。3月5日に地元小・中学校4校の関係生徒及び先生方 約150名が参加して蛍水会の有志の方々と放流しました。

放流数としては今年の寒さの厳しさもあり昨年より若干少なく約800匹(うち源氏ホタルは150弱匹)を放した。

これから3か月をかけ成長し、6月初めには幻想的な光の乱舞が見られる。

多くの幼虫が成虫となりホタルの夕べに飛び交うことを皆で祈念しながら放流した。

今年の放流会には栃木テレビからも取材に訪れ瑞穂野地区のホタルの夕べも県内に知れるニュース題材になってきました。

6月初旬が楽しみです。

 

参考に昨年のホタルの夕べの様子

29年度「瑞穂野ホタルの夕べ」を開催

6月  3日(土 4日(日)

  10日(土)11日(日)の週末に行い、この期間に

 総合計で約1950人のお客様が幻想的なホタルの光を

 楽しみました。

 この”ホタルの夕べ”は瑞穂野蛍水会が主体となり、その

 指導を受けて地元の瑞穂野南小、瑞穂野北小、瑞穂台小

 瑞穂野中の生徒が協力し行っています。

 

 下段の”幼虫の放流”項の説明にもあるように、昨年夏の

 卵の孵化に始まり半年間の幼虫の飼育、今年3月の放流

 と約1年間かけて育てたホタルがようやく成虫となり、

 園内ホタル池周辺を飛び交いました。

 

 ホタルの夕べ開催に先立ち、6月3日の夕方に幼虫を育て

 た関係者・小中学生達約300名が集まり開会式を行い、

 写真にもあるように飼育の苦労話、観察での発見事項の

 説明、ホタルへの短歌を作り披露した、また蛍水会会

 から蛍に関するお話などがありホタルの夕べがスタート

 した。

 

 ”ホタルの夕べ”時は東門を21時まで開け、毎回4~500

 名の親子連れや若いカップルが訪れ、ホタルが飛び交う

 ”ふるさとの原点となる自然”味わった。

尚、瑞穂野蛍水会ではホタルを飼育・放流する活動に際し皆様からの募金を募っております。温かいご支援ご協力をお願いします、当公園管理事務所でも受付けていますので窓口で声をかけてください。