◆催し物・イベント情報◆

 

2019年の夏まつりは  7/6

 

8月24日(土)に開催します。

上記チラシの内容で夏まつりを行います。

 

1、じゃぶじゃぶ池での鮎のつかみ取り

 

2、地区の皆様が参加される踊りや演舞の催し

 

3、地元協賛による各種の模擬店が出店

 

4、夜7:00からは 花火の打ち上げ

 

と多彩な内容となっています。

 

是非ご家族皆様で遊びにお出で下さい。

お待ちしています。

 

 

 

 参考に昨年2018年の様子です。

第12回(H30年)みずほの夏まつりは晴天に恵まれながら、盆明け後にあった一時的な秋の涼しさの中で催すことができました。

 

爽やかな中 12,000名(主催者発表)を超える来園者が訪れ、夏休みの楽しい1日を過ごすことができました。

 

まつりは午後2時からの鮎のつかみ取り(計300匹)から始まり、ブレッキーとバスケットのシュート体験を楽しみました。

 

その後4時からオープニングセレモニーを行ない、各種団体、組織から50人を超えるご来賓にお出で頂いた中、理事長挨拶、佐藤市長(代理)や金子市会議員の挨拶を受け盛大に催すことができました。

 

地域の団体から次のような演目を披露して頂いた。

・和太鼓 童:和太鼓の演奏

・瑞穂野保育園:宇都宮餃子体操

・瑞穂野北小子供会:瑞北音頭

・千唐流みずほの空手愛好会:型・組手の演技

・瑞穂野リズム体操クラブ:フォークダンス他

・瑞穂野南小子供会:瑞南音頭

・瑞穂台小子供会:日光和楽踊り

・少林寺拳法栃木瑞穂支部:演武

・翔舞:よさこい舞踊

 

地域のご協力により売店など多数(約10店)出店し、食べ物・おもちゃなどが販売され、おやつやお子さんのお土産に楽しみながら買われていました。

 

夕方7時 みなさんがお待ちになった花火大会を開始した。この花火は皆様から協賛金により打ちあげられ、個人篤志家、近隣企業様からご協力によりあのように盛大にできました。

打ちあげ会場の”みんなの広場”には夕刻から場所取りに来られた方も多く、芝生にシートを敷いて寝転びながら待っている方も多く見受けました。

花火打ち上げの約1時間をスターマインや形象花火などで楽しみました。

 

夜までの催しでしたが、大きなトラブルもなく開催できましたのも関係各位(警察、消防、防犯協会、各団体様、他)のご協力によるものと感謝しております。ありがとうございました。 

 

 

まつりのスナップ写真は次のページ