◆催し物・イベント情報◆

 

 

 

H29みずほの夏まつり

 

夕刻の豪雨で催事は中断するも 

   花火大会は盛大に実施される 

今年H29年はNPOみずほのを設立し、10年を迎える節目の年になります。これを記念し“みずほの夏まつり”を盛大に行おうと関係者一同張切って準備を進めました。

 

催しの幕開けとして”ブレッキーと一緒にバスケットボール体験”を皮切りに“アユのつかみ取りと塩焼き”と順調にスタートした。バスケのシュートが決まるたびブレッキーと一緒に歓声を上げ、池では元気にアユを追いかける子供達のはしゃぎ声が林にこだまし、またアユの塩焼きを頬張りながら夏を楽しみました。 

 

が、開会式や演舞などの催しを予定したPM4:00前から突然にわか雨が降り出し豪雨となってしまいました。

夕方には天候も回復に向かいましたが、会場はぬかるみなどができ、地域の皆様にお願いしていた太鼓演奏、ダンス、遊戯・踊り、演舞などすべてを中止することになりました。これらの催しを楽しみにされていた皆様や出演準備をされた方々には残念な結果となりました。

 

天候の回復に合わせ、花火大会は予定通り実施できると判断、花火師や会場整理の人たちも慌しく準備を再開した。

お客様も打上げの時刻前にぞくぞくとお出で頂き、最終的には日中を含めての参加者数になりますが約11,000名を超えるお客様となりました。多くのお客様が夏まつり・花火大会を楽しんだ事と思います。特に花火に関しては冒頭にも記したようにNPOみずほの設立10年目の年に当たり、例年よりも数量的に盛大に打上げたので多くのお客様から”存分に楽しめた”と好評を受けました。 

 

にわか雨で催しを中止にしたため、出演者やお客様にはご迷惑をかけ、また駐車場や芝生の冠水等もありご不便をおかけしましたが、大きな事故もなく夏まつりを終えることができました。

多くのお客様に満足して頂けたものと思います。

 

関係者一同皆様のご協力に感謝いたしております。

 

平成29年夏まつりのスナップ

 

アユのつかみ取り

 

ブレッキーとバスケット

 

花火を待つ光景

 

花火