季節のたより   8/11

 

 

人気の昆虫:カブトムシ

 

真夏の昆虫として誰でもそれぞれに思い出を持っているカブトムシのお話をします。

 

 

カブトはどの辺に住んでいるでしょう

日本の本州より南で台湾、朝鮮半島、中国、インドシナ半島に生息しています。現在は北海道にも生息していますがこれは人が持ち込んだものとして扱われています。

日本では高さ1500m以下の広葉樹林域にいます。

 

 

どのような生態か

オスの角を除いた体の大きさは30~50mmでオス・メスとも大差はない、オスは角があるため大きく見えるが同じような大きさです。

以前は日本最大の昆虫と言われたが1983年に沖縄でヤンバルテナガコガネが見つかり、その座を譲った。

オスの頭部には大きな角があり、オス同士の闘争には有利であるがカラスや狸などの天敵から見を隠すには不利となる。

成虫の大きさは幼虫時の大きさに起因し、ギネス記録によると、俳優 哀川翔さんが88.0mm(オス角含め)が世界記録を持つ。

 

寿命はどのくらい

成虫になってからの寿命は平均で2ヶ月前後と言われています。

家で飼育する場合はエサの管理で変わりますが、オスで1.5ヶ月、メスで2.0ヶ月が平均です。10月下旬までには寿命となります。