季節のたより

 

2019早春の雪                            2/11    

 

2月1日(金)、10日(日)と2回に分け宇都宮地方でも雪が降り公園は真っ白になった。

積雪量は1日は約1cm、10日は約2cm位と見えた。

平日のシーンとした静かな公園の雪景色、また休日に親子で遊びに来た子どもたちはソリすべり、雪だるま作り、雪投げなどに興じ、それぞれに雪の風景・感触を楽しんでいた。

この雪も陽のあたる場所では午前中に溶け始め、夕方にはほとんどの広場から消えてしまい、林の木陰沿いに残るだけとなるこの頃で春が近いことを伺わせていました。

2月1日平日の雪景色

2月10日雪の上の親子

 

ロウバイが新春を告げています

01/06

 

ロウバイ(蝋梅 唐梅〔カラウメ)はクスノキ目ロウバイ科に属する中国原産の落葉樹であり、俗にいう梅ボシの実がなる梅の仲間とは違います。

早生種は12月頃に、晩生種は2月頃にかけて半透明の鈍い光沢の黄色の花を付けます。花は強い香りがし、やや下を向いて咲く。

すでに咲いている下の写真は早生種と思われる。晩生種はまだ固いツボミの状態にあり大きな差がある。

年明けしたこの頃は多くのロウバイの木に花を付けています。

イベント広場の北側通路に咲いています。興味のある方はご覧下さい。